一般的に使用できる電報の種類について

スマホの普及によって連絡をとる手段として、電話のほかにメールなどが多く利用される時代となりました。ですが昔から使用できる連絡方法の手段として電報が利用されています。冠婚葬祭などでも多く利用されていますが、種類は2つあります。まずは通常で利用するタイプとなります。文字はかなと漢字とで選ぶことができ、弔電や祝電といった場合にはこの通常タイプを利用する場合が多いです。もう1つは緊急時などに使用する緊急定文電報となります。緊急用で連絡する際に使用されるタイプで、文章なども危篤といった知らせや病気の知らせに人が亡くなった時などのお知らせなどで使用します。電報は自分の気持ちを変わりに伝える方法として、あえて祝電などで使用するひとも多く、今でも多く利用されているサービスとなります。利用する際は基本となるルールなどに注意して利用するとよいです。

電報を使用する場合のタイミングについて

電報は祝電でも弔電でも利用することが可能ですが、使用する際は様々なルールがありますが重要なのが贈るタイミングにあります。祝電でも弔電でも届けるタイミングが重要なので、使用する場合は注意するようにします。まず祝電の場合ですが、披露宴の時間に合わせて届くように手配します。披露宴が午前中であれば届く日にちは前日の午後までに届くように依頼します。もし披露宴が午後であれば、午前中までに届くようにします。祝電の場合は予約として1ヶ月前から手配が可能となります。訃報の知らせは突然な事が多く、弔電を利用する際は速やかに依頼することがポイントです。通夜や告別式の開始3時間前までには届くように手配することが大切となります。もし弔電のタイミングが通夜や告別式より遅れてしまうと分かった時は、電報利用を控えます。電報はいつでも利用できますが、届けるタイミングを間違わないよう利用することが重要といえます。

こんな時に電報は使える!

電報といえば、結婚式やお葬儀などに参加できないときに利用するものというイメージが強いかもしれません。しかし、結婚式やお葬儀に限らず、様々なシーンで利用することができます。例えば、遠方に住む友人、家族が出産したときなど、すぐに駆けつけることはできないけれど、お祝いの気持ちを形にして届けたいような場合には、とても便利だと言えます。文書だけでなく、お花やぬいぐるみ、バルーンなどと一緒にお祝いの言葉を贈ることができるため、とても華やかで受け取り主の方には大変喜ばれるでしょう。その他にも、誕生日、ひな祭りなどの節句行事、母の日、父の日などに利用されるのもお勧めです。多くの方が利用される行事には、例えば母の日ならカーネーションとセットといったような、行事にぴったりのセットが用意されていることもあります。