もらって嬉しいお祝い電報

冠婚葬祭には電報が欠かせません。活用方法は様々ですが、相手に手紙でメッセージを送るのは素敵なことですよね。最近、電報の台紙も多種多様になってきました。お祝いの際に送る台紙として、ブリザードフラワーがあります。きれいに彩られた花にメッセージを添えて送られます。結婚式のお祝いなどにぴったりですね。受け取る方も嬉しいでしょうし、そのまま部屋に飾ることもできます。また、キャラクターのぬいぐるみもあります。ぬいぐるみが手に持つ筒の中にメッセージを入れて送られます。こちらは赤ちゃんの出産祝いや、お子さんの入学祝などに合いそうですね。メッセージは自分で考えたオリジナル文もいいですし、定型文を少しアレンジしたものでもいいでしょう。仕事関係の場合、相手に失礼のないよう、きちんとした文面で送りたいときは定型文の活用をおすすめします。

入学式、卒業式に送る電報

入学式、卒業式シーズンに、電報を送る方は多くいらっしゃいます。入学式、卒業式に送る場合、公的な意味で送る場合と、プライベートで送る場合に分けられます。公的な意味で送る場合は、学校宛てに、前日までに送るようにします。この場合、入学式、卒業式の式典で読み上げられます。公的に送る場合の主な例は、市区町村から送る場合、父母会、卒業生の同窓会を代表して送る場合が挙げられます。プライベートで送る場合は、学校ではなく、自宅に届くように手配します。入学式、卒業式の前後1週間程度に届くよいでしょう。電報の台紙も、普通の台紙ではなく、ぬいぐるみ、バルーン、花かご、オルゴール等、印象に残り、相手も喜ぶ様な商品が人気が高く、喜ばれます。親戚、祖父母、友人など、受け取る相手と送る相手の間柄が親しい関係の場合が多いので、メッセージもオリジナルメッセージにすると、より喜ばれ、記念になります。

電報は冠婚葬祭には欠かせない物です

電報というと、冠婚葬祭には欠かせないものとなっています。結婚式とかだとこれがあると、新郎新婦はかなりうれしいです。今日これなかった人からの暖かいメッセージを聞くと、すごくうれしい気持ちになります。これを贈ってくれる気持ちがうれしいです。お葬式の時も、駆けつけることが出来ない人もいます。そういう人が気持ちを込めて贈ってくれる物というのは、すごくうれしい物です。この中にメッセージを込めて贈ってくれることがすごく喜ばれます。ネットや、メールが普及する中でも、やはりこれはなくてはならない贈り物です。旅立ちの時などに、贈られることも多いです。多くの文章をそこに込めることは出来ないですが、その短い文章の中に気持ちを込めて贈る行為は、日本の伝統的な文化となっています。なくしてはいけない文化の一つとなるべきです。