はじめてでも簡単!電報の送り方

初めて電報を送られる方は、どのようにして送ってよいのか戸惑うかもしれません。しかし、やり方はとても簡単です。まずはインターネットを検索して、どの会社のサービスを利用するのか決めましょう。会社によって、取り扱う商品が異なりますので、お好みの商品を扱っている会社を見つけることから始めます。次に、メッセージを用意します。なかなか良い文章が浮かばない方もいらっしゃいますが、多くの場合、利用シーンに合わせた例文がいくつか用意されていますので、そちらを参考にされると良いでしょう。メッセージが完成したら、宛先の住所や届けたい日時等を入力します。結婚式場などに直接送付される方は、日付、挙式開始時間、新郎新婦のお名前を正確に伝えます。午前中の式の場合は、余裕をもって前日に届くよう手配するのが望ましいでしょう。

ニーズの多様化に対応している電報というシステム

冠婚葬祭の時に様々な諸事情によって、その場に出席が出来なくなってしまう場合に、お祝いやお悔やみの念を伝える為の手段としまして、多くの方が利用するシステムとしまして長年に渡り、多くのユーザーの方に支持されてきたのが「電報」というシステムですけれども、昨今に於きましては、ユーザーのニーズの多様化に対応する形で、様々なタイプの電報の種類があり、送る場面に応じて適材適所なチョイスする事になります。例えば、冠婚葬祭の「葬」の場面に関しましては、状況が状況となりますのでシンプルで、オーソドックスなタイプを選ぶというのが基本となりますけれども、お祝い事やおめでたい場面の場合などには、キャッチーなキャラクター物や、バルーンアートをモチーフにした物などの、アートを感じさせるタイプの電報が、好まれる傾向があるようです。

電報を送るのに掛かる費用のお話

冠婚葬祭などで、電報を送る方が多くいると思われます。ここでは、その料金面を中心に述べてみます。一般に、電報を送る際には、メッセージ料、台紙料金、オプション料金、消費税が掛かります。メッセージ料は、文字数によって変わってくるもので、~25文字まで、26~30文字、31~35文字、以下同様に5文字間隔で料金が増していきます。台紙は、目的別に豊富に用意している会社が多く、安いものなら1、000円ほどで利用できます。オプション料金は、配達通知や受取人名連記、利用証明書発行など、会社によって様々あります。お祝い、お悔やみなど、重要な出来事に際して送る電報には、オプションを付けておく方が安心です。基本的には、以上の項目に消費税を加算したものが、支払う総額になります。なお、インターネットから申し込んだり、複数枚申し込んだりすると、割引されることもあります。色んな会社のサービスを見比べると、どこが最安なのかが分かるはずです。

お申込みいただいた電報の状況は、トップページから配送・配達状況を確認することができます。 人気の押し花台紙サンプルを祝・弔セットで無料進呈中です。品質をお確かめいただいてご利用ください。 総務省「特定信書便事業許可」のほっと電報なら14時までのお申し込みで全国即日お届け! 宛名の連記も無料でご利用いただけます。 電報はソフトバンクグループ【ほっと電報】